用語集

あ行

・アグロ

フォロワーが多く相手リーダーに序盤から攻撃をする速攻性の高いデッキです。

主にロイヤルで構築されている場合が多いタイプです。

・圧縮

デッキの枚数を減らして必要なカードを引ける確率を上げる事です。

ドローカードはもちろん、サーチ等も駆使して回転をよくすることにより高い安定性を引き出すことが出来ます。

・アドバンテージ

対戦をする際にリソースが相手よりも優位になる事を言います。

カード、テンポ、ボード、ライフなど様々な種類があり、デッキのコンセプト次第でどれを重視するかが異なってきます。

アドバンテージを得たり稼いだりする事によって勝利へと近づくので対戦をする上で非常に重要な要素です。

・アミュレット

プレイすると場に出て、攻撃力や体力を持たず攻撃が出来ないが、様々な特殊能力を持っている。

・重い

コストが高いこと。デッキ次第でどれくらいから重いかの基準が変化します。

か行

・カウントダウン

カウントダウンを持つアミュレットは記載されている数字分のカウントを持っている状態で場に出る。 自分のターン開始時に1ずつ減少していき、カウントが0になると破壊される。

・覚醒

自分の最大PPが7以上の状態。 ドラゴンクラスでは覚醒状態になる事で追加効果を得られるカードが存在します。

・火力

リーダーやフォロワーに直接ダメージを与える効果の事。これを中心としたデッキは「バーンデッキ」と呼ばれる事がある。

・軽い

「重い」とは逆の状態。 コストが低い事です。

能力に対してコストが低いカードにも使われることが有ります。

・顔面

リーダーの事。 基本的に攻撃対象としてリーダーを選ぶ際に「顔面を殴る」と言うように使用される。

・ギミック

仕組み、からくり、またそのための小道具などを意味する言葉。2枚以上で成立するシナジーやコンボの事を指す事が多い。

・クロック

場に出ているダメージソースと相手の体力を計算して後どれくらいのターンで勝負を決められるかの目安。

・構築

単純にデッキを作るという意味でも使われるが、自分があらかじめ用意したデッキで戦うゲーム方式の意味で使われる事も多い。

対となる言葉で「リミテッド」と言う言葉もある。

・コントロール

除去などでゲームの流れを支配して勝利を目指すデッキ。

除去が追いつかず押し負ける事もあるが、うまく決まれば序盤でも勝ちに持っていける。

盤面を支配する事を「コントロールする」と言う場合もある。

さ行

・サレンダー

負けを認める事。 リタイア、投了と同じ意味。

これ以上続けても勝つ見込みがない場合に行われる事が多い。

・サーチ

デッキから特定のカードを手札に加える行為全般。

・疾走

場に出たターンに攻撃出来るフォロワー能力の事

・シナジー

相乗効果。カード同士の効果を組み合わせる事で個々の能力以上の成果を引き出せる場合に使われる。

・守護

守護を持つフォロワーが場に居る場合、相手は守護を持つフォロワー以外を攻撃出来ない。

・除去

相手のカードを場から取り除く事。破壊や消滅だけではなく、フォロワーにダメージを与える物も含む

・スタッツ

攻撃力と体力の合計値の事。

例:攻撃2 体力3 の場合スタッツは5となる。

・スペルブースト

ウィッチクラスが持つ能力。 手札にあるとき他のスペルを使用する度にブーストされて効果が増したりコストが下がったりする。

・潜伏

潜伏を持つフォロワーは相手の能力で選択されず、相手のフォロワーから攻撃されない。 潜伏を持つフォロワーが攻撃するか、ダメージを与える事で潜伏が失われる。

た行

・ドレイン

攻撃することによってダメージを与えた場合、それと同じ数値分自分のリーダーを回復できる。 攻撃された際には発動しません。

・ドロー

カードを引くこと。 2ドローの場合カードを2枚引くと言う意味です。

・トークン

カードそのものではなく、カードの効果によって生成されたフォロワーやアミュレットをトークンと呼びます。

一般的には場以外の領域(手札や墓地等)には存在出来ない事が多いが、シャドウバースでは手札や墓地に存在することが出来る。

な行

・ネクロマンス

ネクロマンサークラスのカードが持つ能力。記載の数字分墓地を消費することで追加効果を得られる。 数字分以上の墓地がある場合は任意ではなく強制的に発動します。

は行

・バウンス

場にあるカードを手札に戻す事。完全に排除するわけではなく再びプレイする事が可能な為「擬似除去」と呼ばれる。

・バニラ

能力を持たないフォロワーの事をバニラと呼ぶ。

能力がないと一見弱く見えるが能力が無い分攻撃力や体力が高い事も有るので採用されている事が多い。

・バフ

フォロワーの攻撃力や体力を上昇させる効果の事。逆に下方修正をするものはデバフと呼ばれる。

・必殺

攻撃したりされたりした際に相手のフォロワーを破壊する能力。ダメージが0でも破壊出来る。

・ファンファーレ

プレイされて場に出た時に発動する能力の事。

・フェイス

顔面と同じ意味。 また盤面を無視して顔面を殴り続けるデッキをフェイスデッキと呼ぶことがある。

・フォロワー

カードの種類の一つ。プレイすると場に出て攻撃力と体力を持ち攻撃出来るカードの事。

・復讐

自分の体力が10以下の状態。ヴァンパイアクラスのカードには復讐状態で追加効果を得られるものがある。

・プレイ

手札からカードを使用すること。ファンファーレの効果はカードをプレイした際にしか発動しないので注意。

・プール

デッキを組む上で使えるカード種類の事。 プールが広いということはデッキ構築に使えるカードの種類が多い事です。

・ボード

場の事。場の優位性をボードアドバンテージ、場を支配する事をボードコントロールと言う。

ま行

・マナカーブ

デッキに入っているカードをコスト毎に枚数を数えてグラフにした時に現れる曲線の事。

デッキ構築の際に気をつける事の一つです。

・マナレシオ

攻撃力と体力の平均をマナコストで割った値。

1PPで2/1のフォロワーと2PPで3/3のフォロワーがいた場合どちらもマナレシオは1.5となります。

・マリガン

初手を引き直すこと。 最初に引いたカードを確認する事をマリガンチェックなどと呼んだりもします。

・ミッドレンジ

デッキタイプのひとつ。 小型フォロワーだけでなく中、大型以上のフォロワーも採用して後半も粘り強く戦う事を目指しているデッキ。

・ミッション

毎日ランダムに用意される課題の事。 ミッションをクリアする事で報酬がもらえる。

や行

・誘発型能力

「~時」「~するたび」「~が場に出るたび」などと記載されている効果の事。

ら行

・ライブラリ

対戦時におけるデッキの事をライブラリなどと呼ぶ。カードをドローするときにはライブラリから引かれ、それ以上カードが引けない際にはゲームに敗北する。

・ラストワード

破壊された時に発動する能力の事

・ランクマ

ランクマッチの略称。

・リアニメイト

墓地から直接フォロワーを出すことをリアニメイトという。

墓地から重いカードを出す為にあえて墓地を増やす行為を「墓地肥やし」と言う。

・リミテッド

あらかじめ用意したデッキで戦う「構築」と対になる物。 リミテッドは「その場で開封したパックのみを使用して作ったデッキで戦うゲーム形式」の事

・リーダー

ユーザーの分身となってバトルするクラスキャラクターの事

わ行

・詫びパック

不具合等があった際に運営から送られるチケットの事。

・割る

破壊の俗称。主にアミュレットを破壊することを意味します。 フォロワーの破壊は除去という方がメジャーです。

英数字

・AoE

「Area of Effect」の略称。 範囲へ効果を及ぼすことで、全体除去の事をAoEと呼ぶ。

・CIP能力

場に出す事を意味する「Comes Into Play」の略。 ファンファーレの事を指している。

・EP

進化に必要なポイント。

・PIG能力

墓地に置くことを意味する「Put Into a Graveyard」の略。 ラストワードの事を指している。

・PP

プレイポイントの事。 別のTCGをやっている人は「マナ」と呼ぶ事もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加