【シャドバ】スペルチャージの使い方が鍵となる!イザベルのデッキとは

先月の末に行われたシャドウバース体験会にて各キャラクターの特徴や得意とする種族についてが判明しました。

その中より今回紹介するキャラクターは「イザベル(CV:佐倉薫)」です。

izaberu

スペルカードが軸になる魔法使いタイプ!

イザベルは魔法使いや錬金術師、ゴーレムといった魔法に関係の深いカードが多く含まれている。

そのため初心者には少々扱いにくいクラスとなっているが、このゲームをしっかりと理解し始めるとじっくりと考えながら遊べるクラスとなります。

まだどのくらいの種類のスペルカードが存在するかはわかりませんが、スペルカードの使い方や組み合わせが非常に大事になってきそうです。

独自の特殊能力「スペルチャージ」を使いこなそう!

本来スペルを中心とするタイプのデッキは基本的にコストが高くなりがちで、使ったらそれっきりになる事が多いのでアドバンテージを取られがちです。

ここで活用していきたいのがイザベルの特殊能力「スペルチャージ」です。

スペルチャージとは他のスペルカードを発動すると手札にあるコストが減少したり、与えるダメージが+1されたりと他のスペルカードにも影響を及ぼすメリットがあります。

この能力は他のカードゲームではあまり例を見ないタイプだと思いました。

それ故にカードゲームの新しい要素として見る事が出来るのでこれまた面白い発想のデッキや戦略が生まれるかもしれません。

ガッツリとシャドウバースを遊ばれる方は是非一度デッキを構築して遊んでみてほしいクラスです。

ただひとつ引っかかっている要素があります。

それは”スペルが強すぎる“可能性があると言う事です。

他のカードゲームでももちろんスペルが中心のようなデッキは多数存在しておりました、私が過去に経験してきたカードゲームで幾つかゲームバランスを崩壊させてしまうほどの物もありました。

ピンと来る方もいるかもしれませんが、デュエルマスターズの「ロスト・チャージャー」です。(現在は禁止カード)

このカードは非常に低コストで、使うと自分か相手のデッキを見てその中から一枚破壊した後自軍のマナゾーンに行くと言うカードでした。

つまり「相手のデッキを確認出来る」「マナブースト」この2つだけでもすごい仕事をしている事になります。

もちろんこれだけではなく他にも相手の手札破壊等を始めとした定番のスペルも出てくる可能性があり、この影響でゲームバランスが崩壊しかねないです。

製作スタッフにしっかりとゲームバランスを提供して貰える事を期待しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加