【シャドバ】初心者でも出来る!PC版シャドウバースでの生放送や実況動画の撮り方解説

PC版のシャドウバースが出てニコ生等を行う方が増えてきたと思われます。

実況動画もガチな対戦動画、2pick動画、ネタ動画、デッキ紹介動画と様々な形でアップロードされている方が居ます。

今回は動画を上げてみたい!生放送をしてみたい!けどやり方がわからないという方の為に簡単に解説してみたいと思います。

■PC版シャドウバースでニコニコ生放送を行う方法

1.DMM版シャドウバースをDLします。

さすがにこちらのやり方の詳細は省略させて頂きます。

2.ニコニコ動画のアカウントを取得します。

一般会員(無料会員)では生放送が出来ないのでプレミアム会員(月額540円)に登録する必要があります。

3.コミュニティを設立します。

ニコニコ動画内にて自身のコミュニティを設立しないと生放送をする事が出来ません。

簡単に作る事が出来ますので手順に従ってコミュニティを設立しましょう。

4.Niconico Live Encoderをダウンロードしましょう。

Niconico Live Encoderは生放送をする際に自身のPCの画面をキャプチャしたりしてニコ生にデータを送るツールです、つまりカメラのような役割をする物だと思って下さい。

5.基本的な設定を終わると後はツールの使い方に従って生放送をする事が出来ます。

基本的な準備は以上となります、後はまずニコ生の枠を取得してライブエンコーダー側での設定を行い配信開始を押します。

もしマイクを使う際はライブエンコーダー側でマイクの設定も行う必要があります。

また配信画面ではゲーム画面だけではなく他の画像を映したり別のBGMを流したりする事も簡単に出来るのでちょっとずつ使いながら覚えていくといいでしょう。

■動画をアップロードするには

1.まずは動画を撮影する必要があります。

動画を撮影すると行っても今までそんな事やったことない人からしたらこの時点で意味不明だと思われます。

動画の撮影にはデスクトップキャプチャツールを使用します。

有名な物では「アマレコTV」や「Bandicam」等がよく使用されています。

2.ツールを用意したら自身の環境に合わせた設定を行います。

自身の環境と言うのはお使いのPCのスペックやゲームの重さ等を考慮して行うのでこれが正しいと言う物を紹介する事は出来ませんが、一度設定してしまえばずっとそのままで使う事が出来るのでベストな設定を見つけてあげるといいでしょう。

録音設定も忘れずに行わないとゲーム音がなかったり実況音声がなかったりするのでご注意を。

3.キャプチャツールの設定が終わると録画開始です。

使用ツール次第で大幅に変わってくるのでかなりざっくりと省きましたが、基本的にこれまでの設定が終われば後は録画して編集のみとなります。

実況音声をつける場合は動画で使う部分の前で編集点を作ってあげると音声を合わす編集が楽になります。

※シャドウバースの場合ホーム画面から別画面に切り替えると同時にその項目を読み上げてあげる作業を何回かしていると簡単に合わせられると思います。

例:ホーム→ソロプレイ→バトル→アリーナ と言う感じでその項目を読み上げながら切り替えてみるといいでしょう。

4.動画編集作業

動画編集をするにはWindowsにデフォルトで入っている「Windows ムービーメーカー」でもいいのですが、こちらでは2つの音声を同時に再生するには少々ややこしい手順があるのでオススメ出来ません、プレイ動画垂れ流しで字幕をつける程度ならこちらでも問題ありません。

基本的には「AviUtil」という無料ツールを使われている場合が多いです。

こちらは簡単なMAD動画でも作れる程度のクオリティがあるのでこれさえ用意しておくと実況動画の編集で困る事はないでしょう。

ただしmp4形式の動画を編集するにはmp4を対応させるプラグインを入れてやる必要があります。こちらが難しいのであればmp4をAvi形式に変換出来るツールを使用して動画を変換してあげてから編集を行うといいでしょう。

5.エンコード作業

編集が完了した動画をそのままAvi形式で動画化してそのままニコニコ動画にアップロードをしようとしても基本的に容量オーバーとなりアップロードをする事が出来ません。

ここで動画の容量を小さくする為に「エンコード」と言う作業が必要となります。

初心者であれば「ニコエンコ」と言うソフトをダウンロードしてこちらのニコニコ動画向けの設定でエンコードしてあげればその動画をアップロードする事が出来ます。

Youtubeの場合動画の容量は128GBまでは対応しているので基本的にそのままアップロードでも可能です。

※15分以上の動画のアップロードには設定が必要です。

基本的な動画アップロードや生放送をする方法の流れは以上となります。

詳細を書き出すと非常に長くなってしまいますのでそちらに関しては各ツールの使い方などを参考にしつつ行って下さい。

※各ツールのダウンロードは自己責任でお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加